助産師の資格と就職

保健師と同様、医療系の免許の中で看護師と並ぶ免許だと知られている、助産師。助産師とは一体どんな免許でどんなことを行う人たちなのでしょうか。

助産師とは妊娠・出産期、そして産後の女性の体をサポートする役割の人のことを言います。助産師の仕事には産後のケアも含まれていますから、もちろん生まれたばかりの赤ちゃんのケアやまだまだデリケートな母体のケアも行う、これから出産や妊娠を迎える女性の心強い味方なのです。

ですが女性の産前・産後のケアは助産師しか出来ないわけではありません。看護師ももちろん出来ますので、助産師がいないところで妊娠・出産を行った場合は担当の看護師がケアをしてくれるでしょう。

確かに仕事としては看護師も可能なのですが、助産師は妊娠・出産期の母体のケアや生まれたばかりの赤ちゃんのケアや保健指導について豊富な知識を得た人たちですので、非常に頼りがいがあり、産科のある病院にはなくてはならない存在だといえるのではないかと思います。

ちなみに助産師の免許を取得するには、まず看護師免許を取得していることが第一条件に挙げられます。看護師免許を取得したあと国が指定した助産師養成施設を卒業するか、6ヶ月以上助産に関する勉強を行うかしてようやく助産師国家試験への受験資格を得ることが出来ます。

なので助産師も保健師と同様、看護師の上位資格のようなものですね。どちらも看護師免許を保持している方が、スキルアップのために免許取得を目指すケースも多いようです。

就職のための求人情報を得るには

就職活動をする時には求人情報のチェックは欠かせません。
就職のための求人情報は求人情報雑誌、ハローワーク、就職求人サイト他新聞の求人情報欄など様々な場所で手に入れることができます。
一口に就職と言ってもいろいろと形があり、新卒や転職、正社員や派遣社員などが考えられます。
学歴だけでなく、資格や経験なども深く関わってきます。
人それぞれ就職先に求める就業条件や仕事に対するやりがいは異なります。
求人を自分の条件にあったもので探し出すことは、欠かすことのできない就職を成功させるためのでステップではないでしょうか。
おすすめなのは、自分が就職先に求める条件、仕事に対する希望を求人情報をチェックする前にもう一度整理してまとめてみることです。
就職のための求人情報を得る方法はいろいろとあります。
自宅で得られる求人情報では、新聞の折り込みチラシやインターネットの求人サイトがあります。
人材派遣会社やハローワーク等の公共機関に行っても入手することが可能なのが求人情報です。
求人情報は提供している所によってそれぞれ特徴があるので、自分が探している仕事であれば、どこで探すのが一番適しているかも調べる必要があります。
実際のところ、厳しい状況が長引く不景気の影響で就職する側にとって続いています。
就職活動を効率よく進めるために必要なのは、求人情報の入手方法についても理解しておくことではないでしょうか。

看護師の求人募集を病院から訪問看護や老人ホームまで探せます

看護師の就職先としては病院が一般的ですが、最近は特別養護老人ホームなどの介護施設での需要も高まってきていて、勤務先の選択肢も広がってきています。看護師自体も不足していて、退職してからブランクがある潜在看護師の再雇用を優遇する仕組みもできてきています

北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

このページの先頭へ